メラトニンのサプリとリアクション

メラトニンサプリメントで日本で貰う場合は薬のように製法が必要になりますが、それは果たして何故でしょうか。ひとたび言える理由としては、メラトニンの栄養剤はホルモンの一種だ。日本ではホルモン系の栄養剤は店などで販売できない事になっている為です。USAに行けば、他の栄養剤と同じように、メラトニンサプリメントが買えます。栄養剤としてメラトニンを摂取するとどういうリアクションがあるのか、メラトニンは不明確なこともあるようです。USAで販売されているメラトニンサプリメントの物品紹介では、リアクションは起きないという書き方がされていたりする。低血圧、睡眠がとれなくなる、お腹の苦痛などの症状が人によっては出るといいます。メラトニンの栄養剤を摂取した人の概況やマンネリが関係していることも考えられますが、リアクションが全く無いは言い切れないでしょう。メラトニンには、まだまだ未測定のリアクションがあるかも知れないということが危惧されているのも事実です。盲目的に栄養剤を使うのではなく、メラトニンの適性やリスキーを把握した上で利用することです。メラトニンは、幼児は使わない方がいいようです。元々メラトニンの分泌が多いので、時差ぼけや不眠があっても使わないほうが無難です。妊婦くんも、メラトニンの栄養剤は使わない方がいいようです。妊娠している時はホルモン分泌が増えて、釣合が普段と異なるためです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ